FC2ブログ
脳空間自由飛行
★メインはオリジナル小説(※著作権留保)の掲載... ★観月ありさ、宇多田ヒカル、マリア・シャラポワ、蒼井優、上戸彩、堀北真希、剛力彩芽、新垣結衣 ★小説の読みたい回を探すには「ブログ内検索」が便利!
FC2カウンター



プロフィール

かづしげ

Author:かづしげ
★★★「君という光」連載中. 
★長編『アミーカ』 :"R18指定" 18歳になった夏樹は家出して風俗業界に飛び込んだ…
★長編『黒い美学』 :近未来SFアクション. on line RPGで大事件発生!
★短編『10年目の花火』
★長編『ドロップ』 :新人文学賞をめぐるミステリー



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



映画TVドラマ音楽DVDレビュー「フラガール」
フラガール (2006年 / 日本 )
★★★★★友情、練習、ぶつけた情熱の分だけ充実感も爆発する
 蒼井優ちゃんのダンスシーンが素晴らしかった。やっぱ光っている。
 女優だって、ぶつけた情熱の分だけ作品の充実として自分に返って来るし、人を感動させることが出来る。多分それはどんなことでも同じなんじゃないだろうか。だから自分が情熱をぶつけるものを見つけよう……そんなことを青少年の心に戻って考えさせてくれる映画かな(笑)


hulagirl


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。

スポンサーサイト



テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「ニライカナイからの手紙」
ニライカナイからの手紙 (2005年 / 日本 )
★★★★蒼井優ファンは必見だし、そうでない人にもお勧めの心温まる秀作
 全編に渡って蒼井優ちゃんのアップシーンが溢れていてファンにとってはたまらない。
 作品自体の出来も素晴らしい。ラストは泣かされっぱなし。自分も小説を書いていて、今連載中のものの中心テーマが同じだったのでびっくり。これに負けないものを書かなきゃいけないと勇気をもらいました。でもそのせいで、観なければ良かったと云う感慨もありました。


nilaikalaikalanotegami


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。

テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「害虫」
害虫 (2002年 / 日本 )
★★★★★心が砕け散る瞬間!
(ネタバレになります…演出が非常に不親切なので私の解釈を記してみました。ツタヤの他の人たちのレビューを観ると意味が分からないみたいなものが非常に多いので、敢えてネタバレ覚悟で書いてみました。意味が理解できずに駄作と思った方はもう一度見直してみてはいかが。好き嫌いの感覚だけで嫌いならそれはしょうがないですが…)

 荒んだ家庭では泣く事も助けを求める相手も居ない。唯一の相談相手は遠くに居て彼も傷付いていた。彼との文通ではお互いの気持ちは表面的な文章の中に押し隠すしかない。登校拒否の間に知り合った男と心が通じ掛かった時、男は居なくなり心の崩壊は大きく進む。
 善意の友人夏子(蒼井優)はサチ子(宮崎あおい)に色々と気遣うが細やかさが無い為却って裏目に出ていた。
 そんな時サチ子の帰宅を狼男が待ち伏せしていた。当初勉強の遅れを助けていた筈の夏子は、逆にサチ子の数学のノートを借りていたが、それを返しに行く時丁度現場に鉢合わせする。男は窓から逃げ出しサチ子は寸前で窮地を脱したが、そこへ帰宅した母(りょう)は逃げた男が自分の恋人と知ってサチ子を気遣うどころかその場に立ち竦むばかりだった。一番心配して欲しい母の態度に絶望するサチ子の前で、善意の夏子は母に向かい「さっちゃん、かわいそうです!」と、父が居ないこと、母の自殺未遂のことなどを糾弾するが、それはサチ子の最後のプライドを打ち砕いた。
 お互いの二人だけにしか理解できないオガタ(田辺誠一)のことはサチ子にとって他人禁制の最後の聖地だったが、付き合い始めた同級生男子が「同じ小学校のヤツに聞いたんだけどさ」と土足で踏み込んで来たことが引き金になった。サチ子は知的障害のキューゾーと遊戯する中、夏子の家に火を放ってしまうのだ。燃え上がる夏子の家を見て漸くとんでもないことをしでかしたと自覚したサチ子は現場から逃走しオガタの許へと向うが、彼は待ち合わせ場所には現れずサチは自らを罰するようにトラの穴へ飛び込むのだ。
「先生は自分を何故許せなかったのですか?」との問い掛けの答えは、自らを許せなくなった自分自身が見つけたのかも知れない。
 心が砕け散る瞬間を見事に映像化した傑作!


gaityu.jpg


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。

テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「ハチミツとクローバー」
ハチミツとクローバー (2006年 / 日本 )
★★★悪くは無い
 蒼井優のハグは自然で、アートの感性や才能、ハグ自身の感受性を伝えてくれてとても良かった。櫻井翔君はあまり目立たなかったが、主役を主張し過ぎないと云う点では良かった。
 彼女の役作りはどの映画を見ても素晴らしい。過不足が無いと言えば良いのか。やり過ぎるといやらしく、抑え過ぎると物足りない重要な役柄があるとしたら、実際そういう役柄は多いのだが、優ちゃんが演じるととても活き活きして来る。演出の人達が作品の完成度を上げる為に使いたがるだろうし、使うべき女優だと思う。
 原作コミックの映画化としては無難に纏まった作品だと思う。


honeyclover.jpg


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。

テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「花とアリス」
花とアリス (2003年 / 日本 )
★★★宮元はちょっとありえないやろ
 宮元君がわざと騙されているならともかく、ハナにああまで都合良くだまされるのは現実的にはありえないと思うが、「転校生」とか「放課後」みたいな一種のシチュエーションドラマとしてとらえるなら、これはこれで中々おもしろいと思う。
 事件を起すのはハナだが主役はアリスだ。両親との特殊な関係が描かれるのもアリスだし、宮元君が騙されやすい為に、結果として軽い気持ちで始めた恋のイタズラから悪どい深みに嵌ったハナが救われたのも、アリスの天真爛漫(実は危うい部分も隠れているが)で天使のような性格による。
 母親の嫌いな部分(=ウソをつき、自分を共犯者に仕立てる)と重ねてハナに抵抗を見せながらも、結局自分の感情に素直な所(ここは母親とハナの好きな部分)を受け入れる浜辺のシーン、偶然にも大事な思い出のトランプを探し出した宮元君に父親への愛情(好きな所も多いが安心して託せない)をダブらせるシーン。毛色の変わった父母に対するアリスの愛憎が見え隠れして好きだ。
 この作品にもし蒼井優が出ていなかったら、ちょっと変わった設定だけの凡庸な作品になったのじゃないかと初鑑賞時は思ったが、キャスティングの冴えも岩井監督の能力だと再認識した。
 本作は全体に監督の蒼井優に対する愛を感じる 笑 落ち続けた(「アニー」では数度目の挑戦で役を勝ち取った)オーディションに終に成功したこと、幼少から長く続けてるバレエを取り入れた幾つかのシーンなど実像がダブって見えたからかな。
(2007年7月鑑賞、2011年9月再鑑賞)


hanaalice.jpg


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。


テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「リリイ・シュシュのすべて」
リリイ・シュシュのすべて (2001年 / 日本 )
★★★★無駄に見えるカットが多くて映画と言うより小説みたい
 無駄に見えるカットが多くて映画と言うより小説みたい。細かなひだまで再現しようとする、シーンを何層にも重ねて行くスローな技法。進行の意味合いが一見分かり難いが、そこを我慢してみることができるなら全体では決して悪くないし、特定のタイプの人にはすっぽりと嵌る最高の作品なのかも知れない。 幾つか観て来てもやはり岩井監督作品はあまり好きになれないが、蒼井優はこのスクリーンデビュー作でも傑出した存在感を示している。本作では二人の少年(市原隼人、忍成修吾)も素晴らしい演技をしている。
 個人的には大沢たかおが自動車に跳ねられてその事故処理が終って人が去った現場で犬が立ち尽くす?シーンがおもしろかった。それとハンディライトと海から飛んで来る魚のエピソードも好きだ。そろそろ岩井マジックに感染し始めているのかも(笑)


lilychoushounosubete.jpg


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。

テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「七子と七生」
七子と七生 ~姉と弟になれる日~ (2004年 / TVドラマ )
★★★優ちゃんは相変わらず良い!
 ハートフルストーリィなんだろうけど、お話よりはやっぱり蒼井優が好かった、それに尽きる。少年役はセリフ棒読みで、もっと巧い子役を配役して欲しかった。この子は釈由美子そっくりだった(笑)


nanaconanao.jpg


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。
.

テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「虹の女神 Rainbow Song」
虹の女神 Rainbow Song (2006年 / 日本 )
★★★心の擦れ違い <ネタバレ>
 市原隼人も上野樹里も中々良かった。言葉をそのまま受取る岸田智也と、素直な気持ちを表現できない佐藤あおい。死が2人を永遠に分かつ時、初めて智也はあおいの思いを知り自分の心の中にある大事なものに気がつくのだ。
 ここで「二人ともバカだね」と呟くおあいの盲目の妹(蒼井優)が素晴らしく良い! 主演の2人と比べ登場シーンは3分の1位だが、優ちゃんの登場シーンは雨上がりの草花に残る水滴の如く、さり気無くきらきらと輝いている。中でも縁日のシーンが一番好きだ。


nijitomegami.jpg


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。
.

テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「男たちの大和/YAMATO」
男たちの大和/YAMATO (2005年 / 日本 )
★★演出が一部くどいし、監督が観客の鑑賞力をバカにしてるようだ
 先ず、この映画を観ようとしたのは蒼井優ちゃんが出てるからで、彼女の登場シーンは文句なし。松山ケンイチと蒼井優に焦点を絞れば全く違った良作になったのではないかと思う。
 特殊撮影は良く出来ているが、オールスターキャストで全体に焦点がボケている。ヤマトの終焉場面が長くてむごたらしい。「プライベートライアン」の冒頭部の残虐シーンには、続くライアン探しの任務に対する疑問を浮かび上がらせる大きな意味があったが、本作のこのシーンは無用にすら感じた。
 ラストシーンがいかにも悪い。鈴木京香に敬礼を先導させるのがなってない。仲代がやって、彼女が自然に習うなら良く分かる。それにセリフが多過ぎる。セリフなしでジンとさせるシーンを演出できた筈なのに、鑑賞力を全く期待してないような二人の能弁は安っぽい。


otokotatinoYamato.jpg


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。
.

テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能

映画TVドラマ音楽DVDレビュー「蟲師」
蟲師 (2006年 / 日本 )
★★つまらないわけではないが…
 不思議な話…見終わった印象はそれしか無かった。何か勉強になったり、共感したり、感動したりなどしなかった。2時間を超える長尺にする必要があったのか、それも疑問だ。
 江角の台詞回しと発声が下手と言うか嫌いだ。ギンコが少年(少女?)を救うシーンは割りと好きだ。
 蒼井優ちゃんが中々出て来なかったが、虫を巻物に閉じ込める探幽はカッコ良かった。探幽とギンコの道行きシーンも悪くなかったが、二人の関係を最後の方で説明しただけみたいでやはり物足りない。


mushisi.jpg


●専門的な観方はできませんので、観た感想や印象をフラットに書いております。レビューで興味を持った作品があれば是非観てほしいし、異なる感想をお持ちであれば是非コメントしてみて下さい。
[★レンタル可能DVDが主たるレビュー対象です]
●私なりに評価を付けてみました。最高は★5個。今観ておもしろいかと云う視点で評価していますので名作でも★が少なくなる場合があります。TVドラマは映画よりも甘目に★をつけています。


テーマ:蒼井優 - ジャンル:アイドル・芸能